ホーム » 未分類 » 粟国島の塩について

粟国島の塩について


塩は、私達の生活に欠かすことができない調味料の一つです。例えば、ゆで卵を食べる時に塩を少し付けて口の中に入れたり、炒め物などを作ったりする際にも塩は頻繁に使われます。

沖縄県の離島である粟国島においては、塩と非常に深い関係を持ちます。粟国島の塩はそれぞれの商品によって製法が異なりますが、商品の中には10日昼夜休まずに水分を蒸発させて制作されたものもあり、その後に30時間煮詰めて2週間乾燥させて、制作される塩もあります。このような製法で作った塩は、パッケージに詰めるまでに約1カ月間という長い年月を要します。時間をかけることでうま味を引き出し、さらに原料として粟国島の海水を使用しているため、日本で製造された他の塩とは一味違ったものになっています。

先ほども述べたように塩は料理などで頻繁に使用されますから、使っている塩を変えるだけで素材の味を引き出すことができるでしょう。粟国島に行かなければ、購入することができないのではないかと疑問を持たれている方もいるでしょう。確かに特産品のため、街中のスーパーなどでは販売されていない可能性が高いですが、沖縄の離島などの特産品を専門に扱っている通販サイトなどを利用すれば配送してもらえる可能性があります。この機会に粟国島の塩をご自宅で使用してみてはいかがでしょうか。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です