ホーム » 未分類 » 沖縄の離島として知られる粟国島について

沖縄の離島として知られる粟国島について


沖縄の那覇には、那覇空港があります。各都道府県の空港から直接アクセスすることができるため、実際に観光に訪れたことがあるという方も少なくないでしょう。飛行時間は各都道府県によっても異なりますが、東京都の羽田空港から2時間45分程度でアクセスできるため、旅行のしやすさも沖縄の魅力の一つです。

沖縄は海で囲まれた島になります。那覇市に隣接する海の透明度は、他の都道府県と比べても高いことが特徴として挙げられます。そして、さらに海の透明度が高いという理由から、現在注目されている沖縄の離島が粟国島です。粟国島と那覇市の距離は約60キロメートルで、船を使って2時間程度で行くことができます。先ほども述べたように、この粟国島の海は、那覇市の海よりもさらに透明感があり、日本全国のダイバー達がその海の美しさを一目見ようと足を運びます。

また、海だけでなく地形にも魅力を感じる方がいるそうで、観光客が頻繁に訪れる島の一つになります。粟国島は火山噴火によってできた地形が有名で、このような地形を日本の中心部では見ることができませんから、スマートフォンを片手に写真を撮影する観光客が多く、その写真を思い出として部屋に飾る方もいます。また、堆積物は赤褐色で、まるで海外へ訪れたかのような気分を味わえる人もいるでしょう。

このように様々な魅力がある粟国島ですが、この離島には伝統的に受け継がれた塩があり、その塩は特産品として販売されています。今回は粟国島の塩に関する説明や、その他にも有名な粟国島の特産品について紹介します。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です