粟国島の特産品は塩だけではない!?


上記では沖縄の離島、粟国島の特産品である塩を中心に取り上げましたが、その他にも粟国島の特産品は数多く存在しています。

例えば、甘い特産品として黒糖やようかんが挙げられます。黒糖は日本で流通している砂糖とは異なり、原料にサトウキビが使用されています。サトウキビは、鹿児島や沖縄などの温かい地域で盛んに育てられており、東海地方や関東などではサトウキビをスーパーで見かけることはないでしょうが、沖縄県に行けば置いてあるところが存在します。沖縄で暮らしている方で畑などを持っている方は、バナナとサトウキビを育てて自宅で食べているという方もいます。もう一つの特産品であるようかんは、小豆と黒糖を原料に使って作られています。小豆と黒糖を使うことで一味違った味わいになっていますので、機会があれば一度試してみてはいかがでしょうか。

この他にも、沖縄の離島、粟国島の特産品にはみそもあります。みそも塩と同様に使う機会が多く、みそ汁やそぼろご飯などで使用します。味噌はそれぞれの種類で味が異なりますから、いつも使っているものと食べ比べてみるのも良いでしょう。

このように粟国島にはたくさん特産品があるので、通販サイトから好みの特産品を購入して食卓などに活用してみましょう。


粟国島の塩について


塩は、私達の生活に欠かすことができない調味料の一つです。例えば、ゆで卵を食べる時に塩を少し付けて口の中に入れたり、炒め物などを作ったりする際にも塩は頻繁に使われます。

沖縄県の離島である粟国島においては、塩と非常に深い関係を持ちます。粟国島の塩はそれぞれの商品によって製法が異なりますが、商品の中には10日昼夜休まずに水分を蒸発させて制作されたものもあり、その後に30時間煮詰めて2週間乾燥させて、制作される塩もあります。このような製法で作った塩は、パッケージに詰めるまでに約1カ月間という長い年月を要します。時間をかけることでうま味を引き出し、さらに原料として粟国島の海水を使用しているため、日本で製造された他の塩とは一味違ったものになっています。

先ほども述べたように塩は料理などで頻繁に使用されますから、使っている塩を変えるだけで素材の味を引き出すことができるでしょう。粟国島に行かなければ、購入することができないのではないかと疑問を持たれている方もいるでしょう。確かに特産品のため、街中のスーパーなどでは販売されていない可能性が高いですが、沖縄の離島などの特産品を専門に扱っている通販サイトなどを利用すれば配送してもらえる可能性があります。この機会に粟国島の塩をご自宅で使用してみてはいかがでしょうか。


沖縄の離島として知られる粟国島について


沖縄の那覇には、那覇空港があります。各都道府県の空港から直接アクセスすることができるため、実際に観光に訪れたことがあるという方も少なくないでしょう。飛行時間は各都道府県によっても異なりますが、東京都の羽田空港から2時間45分程度でアクセスできるため、旅行のしやすさも沖縄の魅力の一つです。

沖縄は海で囲まれた島になります。那覇市に隣接する海の透明度は、他の都道府県と比べても高いことが特徴として挙げられます。そして、さらに海の透明度が高いという理由から、現在注目されている沖縄の離島が粟国島です。粟国島と那覇市の距離は約60キロメートルで、船を使って2時間程度で行くことができます。先ほども述べたように、この粟国島の海は、那覇市の海よりもさらに透明感があり、日本全国のダイバー達がその海の美しさを一目見ようと足を運びます。

また、海だけでなく地形にも魅力を感じる方がいるそうで、観光客が頻繁に訪れる島の一つになります。粟国島は火山噴火によってできた地形が有名で、このような地形を日本の中心部では見ることができませんから、スマートフォンを片手に写真を撮影する観光客が多く、その写真を思い出として部屋に飾る方もいます。また、堆積物は赤褐色で、まるで海外へ訪れたかのような気分を味わえる人もいるでしょう。

このように様々な魅力がある粟国島ですが、この離島には伝統的に受け継がれた塩があり、その塩は特産品として販売されています。今回は粟国島の塩に関する説明や、その他にも有名な粟国島の特産品について紹介します。